JR住吉校(兵庫県神戸市)


JR住吉校所在地

〒658-0053 神戸市東灘区住吉宮町4-2-6 2F

電話

078-842-4881
受付時間 月曜~土曜 13:00~19:30

FAX

078-842-7633

JR住吉校のバーチャルツアー!

時間割

曜日 1時限 2時限 3時限 4時限 5時限 6時限
月水木金 17:30-19:20 19:30-21:20 --- --- --- ---
13:25-15:15 15:30-17:20 17:35-19:25 19:40-21:30 --- ---
中学受験後に気になる99のこと
オンライン個別指導

教室責任者から皆さまへ

研伸館プライベートスクール住吉校は、高校生および中高一貫校にお通いの中学生を対象とする「大学受験専門」の個別指導塾です。

東大・京大・阪大をはじめとする難関大学から、関関同立・産近甲龍・私立の薬科大学・私立大学の薬学部・看護学部などあらゆる受験に対応しています。立地はJR住吉駅のスグ前という絶好の場所で、学校の帰りに寄って頂くこともできます。授業がない日でも、自習室としてご利用頂けます。

研伸館プライベートスクール住吉校に在籍されている生徒は、国私立では灘、神戸海星、神大附属、甲南女子など、公立高校では神戸、御影、葺合、六甲アイランド高校などの生徒さんが多くなっています。

特に神戸海星の生徒からは同校の卒業生の講師を希望される方も多く、3人の講師が対応にあたっています。講師は、明るく楽しい授業で生徒のやる気を引き出すのが得意な講師、厳しく抜け目のない指導で生徒を導く講師、温かくて生徒に抜群の安心感を与える女性講師、圧倒的な学力のある京大医学部在籍の講師など色々なタイプの講師が在籍しています。

それぞれの講師の出勤日は原則固定されておりますので、毎週同じ講師で授業を受けることができます。相性が合わない場合は変更も可能です。大学受験専門の個別指導塾ではありますが、それだけではなく学校の定期テストの対策もきめ細かく行います。定期テスト前には「サポートプラス」という無料補講も実施しており、普段受講している科目以外のフォローも行います。「学校の勉強は自分でできる」という方には、最初から大学受験に向けての学習を行います。

個別指導のみで大学受験する方だけでなく、研伸館はもちろん、他の集団塾・予備校のフォローを希望される方にも対応します。

受験生のみなさんには志望校に合った学習法を提案し、大学別の対策を徹底します。例えば、研伸館プライベートスクール住吉校では通常の個別指導の他に「映像授業研伸館SAT」という映像授業も受講できます。国語や社会は映像授業で、数学、物理・化学など理数系の科目は個別指導でという組み合わせなども自由にできます。

大学受験について、様々なお困りごとがあるかと思いますので、まずは研伸館プライベートスクール住吉校までご相談ください。また、60分の無料体験授業も随時受け付けしています。体験授業をご受講いただけましたら、具体的なカリキュラムの提案や弱点単元のアドバイスなどもできますので、ぜひお申し込みください。

JR住吉校へ通塾している生徒の在籍校

中学生・高校生

灘、葺合、神戸、海星、六甲、滝川、甲陽学院、白陵、啓明、県立御影、大阪桐蔭、六甲アイランド

在籍校 クローズアップ

英語では、学校で使われているテキスト(学年によって違います)やプリントの解説と演習、教科書のNew Crownの単語の暗記や本文の理解度の確認を徹底します。特に、単語テストを繰り返し実施します。覚えきれない生徒さんには残ってもらったり、授業以外の日に満点が取れるまでテストに取り組んで頂いたりすることもできます。

数学では、問題そのものを解けるが、答案の書き方に困る方が多いようで、解法はもちろん答案の書き方の指導にも力を入れています。英数以外にも国語や物理・化学などの対策について、学校の定期テスト対策・他塾フォローともに対応可能です。


神戸海星

数学では、まず4STEPレベルの問題が確実に解けるように指導と演習を繰り返します。前回の授業の確認テストで理解度を丁寧に確認し、できていないところは必ず戻って指導します。

英語では、プログレス独特のカリキュラムに対応できるように、プログレス専用補助プリントを用いて演習しています。もちろん、単語テストも学校で使用しているテキスト(高校生はシス単など)から行います。その他、難易度の高い問題を用いた実力養成や先取り学習など、現状に合わせた授業の進め方が可能です。


小林聖心女子学院

英語に関しては、中学生の間は、学校のテスト対策のため、『プログレス』の内容の指導を希望される方が多いです。『プログレス』のカリキュラムは独 特であるため、一般的な問題集では対応しづらい部分がありますが、研伸館プライベートスクールでは専用の補助プリントを用いての授業が可能です。

学校の内容が十分に理解できている生徒さんや、高校生の生徒さんは、市販のテキストを用いて、大学受験に向けた学力の養成に取り組みます。

数学に関しては、学校教材を用いた問題演習・解説を行います。中学範囲については『キーワーク』を、高校範囲については『マスグレード』を 用いて、類題の演習を丁寧に繰り返すことで、知識を定着させていきます。『マスグレード』は解説が充実している分、解説を読んで分かったつもりになってしまう生徒さんも少なくありませんが、「分かった」から「できた」になるまで、確認テストで実践力を磨きます。

いずれの教科についても、集団塾に通われている場合、その集団塾のフォローを行い、学習内容をより深く理解・定着させるための反復学習の授業を行うことも可能です。


神大附属住吉中等部

学校の進度が速くなり、特に高校内容の数学に入ってから苦戦する方が増えてきました。4STEPや青チャートの解説・演習をしっかりと行いますが、何よりも大切なことはその後にできるようになっているかどうかの確認です。学習した直後はもちろんですが、少し時間がたったタイミングで、復習の課題に取り組んでもらうように講師から指示が出ます。もちろん毎回授業では確認テストが実施されるので「わかったつもり」の状態を解消できます。


葺合高校

「英語は自分で勉強ができるが数学がちょっと…」という方が多いようです。学校で使用するサクシードという問題集を自力で解けるようにすることが最初の目標です。

理系を希望する方はこれにとどまらず、さらに発展的な演習にも取り組み、状況によっては学校の先取りをして3年になったときに余裕を持てるようにカリキュラムを組むこともできます。英語の勉強をしている方もおられます。文法面に弱点がある生徒さんが多いように見受けられますので、学校の学習内容と並行してマーク式の文法の問題の演習にも取り組んでいます。


高校生全般

1年生は英数を中心に苦手単元の克服や、実力の養成に力を入れて、定期テストが近づくとその対策を取り入れるというパターンが多いです。

2年生になると理系文系が分かれるので英数の他に、理系の方には物理・化学、文系の方には古文を中心とする国語の指導を取り入れる方が増え始めます。

特に国立を目指す方は3年生になったときに社会に少しでも多くの時間が回せるように、2年生のうちに主要教科の基礎学力を固めておくことが重要です。定期テストの時期には、対策の時間も取るようしている方が多いです。

また、数学の授業を受講している方が英語の単語テストを実施するなど、受講教科にかかわらず必要なサポートを行っています。3年生は完全に受験対策に移行します。志望校に向けての対策を最優先し、基礎学力の定着が終わり次第各大学の入試問題の傾向を踏まえて細かく対応をしてまいります。

第一志望に向けての対策を優先しながら、その他の併願校の対策を無駄なく行えるように工夫します。定期テストの時期にはテスト対策が必要な方も少しはおられますが、原則普段通りの授業を行います。

まずは研伸館PSの個別授業を体験してみませんか?
Pickup
おトクな夏期トライアル
夏期講習
総合・推薦型選抜セミナー
総合・推薦型選抜講座
合格体験記
よくあるご質問