アップ教育企画

研伸館プライベートスクール

HOME 校舎案内 上本町校(大阪府大阪市)

校舎案内

上本町校(大阪府大阪市)

教室責任者からのコメント

勉強を通じて手に入れたい自分は、どんな自分ですか?
 
苦手なことにも逃げずに立ち向かうことができる自分ですか?
毎日これをやる、と自分との約束を守り続けることができる自分ですか?
 
上本町校には、なりたい自分を手に入れるために勉強の力強い後押しをする講師が揃っています。
 
大学受験を通して、
「目標を達成するために必要なことは何だろう?」ということを考える。
 
そして、
「ではそのために自分がいまするべきことは何だろう?」というところまで落とし込む。
 
そこまでできれば、あとは継続あるのみです。
まずは1日の1%である15分から、毎日確実にできることを積み重ねましょう。

当校に通塾している生徒の在籍校です

【中学生】
四天王寺、星光、清風、大阪教育大学附属天王寺、大阪教育大学附属平野、明星、大谷、大阪女学院、灘、東大寺、西大和、奈良学園、奈良帝塚山、近畿大学附属、帝塚山学院、清風南海、開明、上宮、同志社香里、追手門大手前、追手門

【高校生】
四天王寺、西大和、大谷、大阪教育大学附属天王寺、帝塚山、大阪女学院、明星、清風南海、星光、清風、洛南、洛星、灘、東大寺、近畿大学附属、奈良帝塚山、上宮、プール学院、天王寺、高津、夕陽丘、八尾、大阪学芸、奈良学園、開明、関西大学第一、同志社、大阪教育大学附属平野

在籍校 クローズアップ

 Close UP1

清風

英語は『5stage』の内容を定着させるプリントを通じて徹底的な反復を行います。英訳のみ、和訳のみ、語句整序のみなど、伸ばしたい分野に絞ることも可能であれば、テスト範囲のみに絞って演習を繰り返すことも可能です。定期テストが近づいたときはテスト範囲を、定期テストが終わった直後は既習範囲を復習することで、着実に地力へとつなげていきましょう。理科に関しては、受験に備えて特に物理を少し先取りする方が望ましいです。テキストは『セミナー』を繰り返し解きこみ、学校で扱ったばかりの範囲を都度定着させることが不可欠です。先取りに移るために、課題をためず、高校3年生の1学期には最低でも未習範囲がなくなるようにしましょう。
※その他の科目・内容に関しても対応可能です。お気軽にご相談ください。

 Close UP2

四天王寺

理系の方は特に、受験に向けて理科・数学を学校進度より先行させる必要があります。先行させるためには、学校で学んだばかりの範囲を『4step』や『セミナー』などで都度演習しておくことが求められます。それを前提として、まずは『4step』のAレベルや『セミナー』の基本問題から先取りをし、受験に向けて準備しましょう。英語はコース問わず、『ブラッシュアップ』や『スプリーム』にて英文法を徹底的に繰り返します。和訳や英訳、語句整序など、伸ばしたい分野に絞って対策することも可能ですので、自分の弱みを強みに変えていきましょう。
※学校のテキストに合わせた学習だけではなく、他集団塾のフォロー・先取り学習なども可能です。

 Close UP3

帝塚山学園(奈良)

英語は『NewTreasure』を通じて英文のストックを増やすことが必要です。Keypointの例文暗記は、そのまま学校のテスト対策にもなれば受験に向けての基礎固めにもなりますので、繰り返し暗誦しましょう。また、 プライベートスクールでは、『Vintage』の定着プリントを準備しており、これを使用することで、英文法の確認・定着を図ることができます。数学はまず『体系数学』と『4step』を繰り返し演習し、「分かっている」段階から「点数を取れる」段階まで反復しましょう。学校の進度を考えると、数学や理科は定期テスト範囲を反復できているかが重要になります。『セミナー』や『重要問題集』などでの既習範囲の反復演習を優先し、基礎が固まってから発展学習をするのがよいでしょう。

 Close UP4

明星

大学受験に向けて、現状のコースの学習進度・テキストに合わせた授業を受けることができます。また、上位のコースを目指すことも重要であり、コースアップに向けた定期テスト・実力テストの対策を行うことも出来ます。その場合は、『ステップ演習』や『ジャック』を基本としつつ、類似のテキストを用いて応用問題に触れましょう。高校範囲に関しては『チャート式』や『英文解釈の技術』を通じて、大学入試に向けて求められる着眼点や解き方のインプットを徹底します。解説を聞いて「分かった」つもりにならず、「実際に点数が取れる」ようになるまでに必要な練習量を把握し、そのうえで、必要な練習を積んでテストに臨みましょう。

 Close UP5

大阪星光

英語について、中学は『NewTreasure』を通して英文をインプットし、高校からは『ブレイクスルー』を使って文法の確認・定着を 図ります。受験に向けては、このテキストに加えて+αが必要になりますので、『英文解釈の技術』や単語帳を通じて、英文解釈の練習と単語の暗記に努めましょう。数学について、中学は『体系数学』、高校は『メジアン』や『FocusGold』を基本的には使用して、基礎問題から定着させます。繰り返しの演 習とアウトプットの速さが鍵となりますので、問題を読んで「この考え方を使えばよい」という発想に至れるように、多くの問題に触れましょう。
※学校のテキストに合わせた学習だけではなく、他集団塾のフォロー・先取り学習なども可能です。

 Close UP6

大阪女学院

定期テストの得点アップを目指す方には、英語や理科は『新中学問題集』を、数学は『体系数学』を中心に据えながら、学校で扱ったばかりの範囲をその都度練習し、定着につなげていきます。また、学校テキストだけではなく、学校の先生の独自プリントからも出題されるため、その暗記・習得にも力を入れなければなりません。また、学校の進度には十分ついていけており、受験に向けて未習範囲を早期に触れたい方に向けては、学校傍用テキストを用いた基本レベルからの先取り学習や、研伸館SAT(※映像授業)を使った予習授業などを提案いたします。

曜日 1時限 2時限 3時限 4時限 5時限 6時限
月~金 17:35-19:2519:40-21:30------------
土曜日 13:25-15:1515:30-17:2017:35-19:2519:40-21:30------
日曜日 10:50-12:4013:25-15:1515:30-17:20---------

アクセス

〒 543-0031 大阪市天王寺区石ヶ辻町15-18 7F

06-6770-1517

06-6770-1516

上本町校(大阪府大阪市)
西宮校(兵庫県西宮市)
JR住吉校(兵庫県神戸市)
阪急豊中校(大阪府豊中市)
京都校(京都府京都市)
学園前校(奈良県奈良市)
上本町校(大阪府大阪市)
西宮校(兵庫県西宮市)
JR住吉校(兵庫県神戸市)
阪急豊中校(大阪府豊中市)
京都校(京都府京都市)
学園前校(奈良県奈良市)